ゲートウェイの設置

助手席シート下、後部座席の足元、またはトランクなど、運転に支障がない安全な場所に本体や各種センサーを固定してください。


注意事項

  • 走行中の衝撃などで評価キットが移動すると大変危険です。万が一移動しても運転に支障が無い位置に、自動車内装用の面ファスナー(別売)などで確実に車体に固定してください。
  • カメラやGPSの受信アンテナは、運転およびエアバッグの動作に影響が無い位置に設置してください。決してエアバックの付近には設置しないでください。
  • 加速度センサーの向きが車両進行方向の向きとあっていることを確認してください。設置方向が正しくない場合、加速度センサーのデータに誤りが生じます。


電源の接続

電源プラグをシガーソケットに接続してください。電源プラグの赤ランプが点灯することを確認してください。


約5秒後に評価キット本体へ電源が入ります。本体の電源がONになると本体のPower LEDが緑色に点灯します。本体の電源が入らない場合には評価キット本体の電源スイッチがON (I)になっていることを確認してください。


動作の確認

以下の状態が確認できれば、各種センサーとゲートウェイ、ゲートウェイとクラウドは正常に通信できる状態になっています。データが収集できていることをWebアプリケーションから確認してください。


いずれかに不具合がある場合、USBハブとの接続およびUSBハブと本体の接続を見直してください。一見すると接続ができている状態でも接続不良(コネクタが抜けかかった状態)になっていることがあります。コネクタを抜いて再接続を試みてください。


M5Stack (加速度センサー) の動作確認

M5Stackの画面に緑色の文字で加速度データが表示されていれば正常に動作しています。赤字でWAITING FOR GWと表示され続けますが、不具合ではありません。正しくデータが取得できているかどうかはWebアプリケーションからご確認ください。



通信ドングル (HUAWEI MS2372)の動作確認

通信ドングルのLEDが緑色で点滅していることを確認してください。赤点滅や黄色点滅をする場合、設置場所を窓ガラスの付近など電波を受信しやすい場所に変更してください。3G/LTEネットワークの電波の状態により、接続までに1分程度かかる場合があります。


OBD-IIケーブルの動作確認

LEDが緑色に点灯(約5秒に1回点滅)していれば正常に動作しています。



ビデオカメラ (Logitech C920)の動作確認

評価キット本体の電源を入れると自動的に録画が開始されます。録画中は、カメラ前面のLEDが青く点灯しつづけます。録画開始までに1分程度かかる場合があります。



押しボタンの動作確認

押しボタンをクリックして、ボタンのLEDが緑色に点灯することを確認してください。ビデオカメラを接続している場合、ボタンを押した瞬間を含むビデオクリップがアップロードされます。